ムーブシロ

雑な思考

怖くてたまらない

今俺が引きこもりをしていてもかかる金のことを考えていた。食費や保険料だけでなく住む場所や税金も。俺はなんて親不孝なんだと思ってる。すごく胸が締め付けられて苦しいほど、自分が情けなくて、同時に早く仕事がしたいと思ってる。

俺が搾取する人間なのは、引きこもった当時から思っていた。家族に寄生し食い散らかす虫だ。本当に自分を褒めて信じてくれる人たちに早く恩返しがしたい。その一心である。

仕事に就いてない今、俺が免罪符のように仕事をします。と言っても信憑性は無い。いろんな不安が俺を襲う。屍になる前に俺はどれだけ家族を苦しめて生きるのか。と思うと苦しくて仕方ない。誰か助けてほしいとも思う。でも自分で解決できることはいくらでもあるのだ。それは解決したい。

不思議と死にたい死にたいと思っていても、俺は生きていける方法を探すのだ。生物に生まれて生を全うしなければならない。という強い信条があるからだ。俺も今すぐに消えてなくなりたい。そう思いながらも生きていける方法を探すのだ。

日本に生まれれば、生きてるだけで金がかかる。質素に暮らすことは好きだが、俺はいつタガが外れるか分からない。溜まりに溜まった鬱憤が爆発して、人を殺して回るかもしれない。なんて考えてしまう。決してそんなことはできないはずなのに、なぜか思考は破滅ばかりに結論づける。

やっぱり俺は寂しがり屋なのかもしれない。一人にしないでくれと心は言うのだ。一人で生きていかなければならない選択を自らしてるのにもかかわらず、俺の本心は一人にしないでくれと言う。腐りかけている心だが、女に抱きしめてもらえたら、俺はずっと生きていけるような気がしてる。やっぱ今はどうかしてる。腹減ってるからネガティヴなんだ。人間ってめんどくさ。