ムーブシロ

雑な思考

大海原

自由であるにもかかわらず、俺は人目を気にしてアダルトコーナーに入れない。自分を変えるために、俺はずっとアダルトコーナーを背に立ってたこともある。今もアダルトコーナーに入るときはすごく勇気がいる。まだ人の目を気にしているのだ。

俺は優しくしてくれるギャルモノが好きだ。それはキモオタだからである。それ以上でもそれ以下でもない。キモオタはみんな優しいギャルに太刀打ちする方法を知らない。

人目を気にしない方法ってなんだろうか?俺は思考の矛盾や誤りに目を向けた。もしアダルトコーナーから出てきて、誰かにクスッと笑われた。としよう。この、笑われた。というのが誤りである。ここに誰かを笑った。という確証はどこにもないのだ。だからこれは妄想で、自分で自分を責める行為である。と結論付けた。

これは当たり前のことである。俺はその当たり前に言いがかりをつけていたのだ。これは悪いことである。が、今の時代アダルトコーナーになんか行かなくてもいいのだ。人目が気になりイヤなら、もう行かなくてもいいと思う。ネットで思う存分買えるのだから。でも安いDVDって惹かれるよね。

まぁ人目というのは自分がいけないことだと思ってるだけである。そこに他人は全くいない。終了。

話が変わる。

最近性欲が全く抜けない。いや、抜けてるものは抜けてるんだけども、それを抜いた後も、すぐに復活する。すぐに誰で抜こうか考えている。正直もうやめてほしい。適度は大事である。身体が疲れてるのより、痛いからローション買って滑りを良くしないと。とか考えていて、俺は泣きたくなった。俺の性欲よ。頼むから止まれ。