ムーブシロ

雑な思考

プロ意識

今はプロ音楽家のシロです。

プロは説得力があったほうがいいと思う。料理人だったら太ってる方が説得力があるし、鳶職ならイカツイ方がいい。音楽家は知らん。まぁそういう外観の説得力ってやっぱり重要なんだと感じる。カルロスゴーンも人相がかなり印象的で、キリッとした鋭さを感じる。そういうのは必要だなと思う。経営者が全員そうではないけど、あったほうが良い。

まぁそういう外観的は、努力できるものとできないものがある。ジョジョのように彫りが深くムキムキになれるのは、東洋人ではごくごく限られる。整形すればなれなくはないけども。

だから、別にプロ意識なんてそんなもんで、意識のことを言ってるんじゃない。外観だけを言ってる。意識と名乗っておきながら。プロ外見なのだ。

ひたむきに努力することは偉いが、努力したと見せられるのも、同じくらい偉いもんで、才能なのである。これに嫌悪感を覚えなければ、やっぱり日本はダイバーシティになるだろう。