ムーブシロ

雑な思考

思想活字中毒

活字中毒と言っても過言ではない。思想中毒と言っても過言ではない。俺は思想を持っていきたいと思うので、他人の思想を知ることをやめたくはない。俺は独自思想を持ってるほど、聡明ではないため、他人、所謂哲学者や思想家などの学者、有識者からヒントを得ている。

なので、思想をするあまり、本を読まざる得なくなり、本を読んでるうちに、活字を読まないと動けなくなってしまったというオチである。

子供の頃は本を読む人間ではなかった。足が速いとモテる頃なので、元々足が速かった俺はモテたような気がする。もしかしたらモテてないかも。なにせ田舎者で人数が少ないとモテてるかどうか全然分からないのだ。好きと言ってくれる子が三、四人居ただけでモテてると思うのである。経験なんて皆無だが、なぜか二十人いれば一人は俺のことが好きと確信してる。それは経験上と言っておく。経験なんて皆無だが。

今は全然モテない。毎日休日だからAV見てるって言っただけでキモいだのなんだの言われる人になった。SM嬢のように優しさに満ち溢れてる女を望むのはうぬぼれだが、せめて一旦飲み込める女が目の前に現れてほしいところである。

まぁそんなことは置いてだな、本を読むようになったのは18ぐらいからである。理由はその時から音楽がより一層書けるようになったので、ネタ切れ感があり、刺激もなくなったからである。ミュージシャンと付き合うと曲にされる!とかいうヤツがいるが、そんなことを言うつまらない人間を曲にはできない。以上。