ムーブシロ

雑な思考

苦労人

俺は苦労人じゃない。人相にも現れるように、苦労という苦労はしてないように感じる。苦しいことはあっても、強制される努力をしてないので、苦労はないと言う。

正直、音楽人である限り、というか表現者であるならフツーにアルバイトしてました。みたいな普通者であるくらいなら、ブッダのように意味のないと分かるまで断食してる方がオモチャとして面白いのでは?と思う。決してブッダをオモチャ扱いしてるわけではない。そこは勘違いしないでほしい。自分が世間のオモチャになることで飯が食えるなら、本望だと言うだけである。

まぁこのように働かない言い訳をしていく。やっぱり内では働きたくないのだろう。音楽を書き続けて欲を殺したいと思う。金がないと音楽は書けないのだが。

クラシック作曲家はパトロンという所謂サポーターに支えられて生きていた。自分も音楽は書けるのだが、金を生み出す音楽人ではないため、金を生み出す音楽人にならなければならないと思う。金を生み出せればパトロンなんて必要ないか。

音楽など誰もが奏でるとカラクリが公になった今日に、パトロンなど古い制度だから無くなって当然なのだ。金持ちの道楽でもないし。

包丁で刺される前に、音楽をなるべく書いておこうと思う。流れに身を任せておこう。拾い食いされるかは自然の摂理ということで。手紙だけは書いておこう。俺とどんぐりの違いは意思表示するかしないかだ。