ムーブシロ

雑な思考

何も無い

なんてことない日だった。

クレヨンしんちゃんを見ながら、作業のようにゲームをし、頭をほとんど使わずヤフオクでのいざこざを解決し、ヤフオクで頼まれていたものを先日落札し、今か今かと楽しみに待っていたが来ず。ゲームをしてるうちに日が暮れて、犬の散歩に行こうと思っていたら家族の一人に先を越されてしまい、帰ってきた犬を撫でているうちに犬はしかめっ面になる。なんてことない。

このネームでは明かさない音楽のアルバムが12月には完成する。非常に高度な音楽だ。見つけることもない音楽だし、一生聴くことはないだろう。そしてそのネームでも聴いてくれる人はあまりいない。でも今はそれでよろしい。ここで書いたアンビエントという音楽とは、近くて遠い。そんな音楽であり、しいて言うならアンビエントよりシンセサイザーが香る。アジアの香辛料みたいな、ツーンとする匂いがする。

ダークなモノばかり書いてるように思われるがそんなことはない。あかるーいあかるーい曲で子供を喜ばせたりすることもある。

俺が子供を作らないと決めている理由は子供が嫌いだからではない。子供は天使だ。夢見る天使。大好きである。ぜひ伊豆の踊子を読ませたい。君のような甘酸っぱい本だよ。と。

話がそれたが、子供を作らないという決めている理由は、いつまでも子供でいたいからである。これは子供を作って出来ている人はいない。みんなビジネスと遊びに区切りをつけて、メリハリなどなんだのカッコつけて生きる。これこそ大人である。

俺は人から何言われても遊んで生きたいね。