ムーブシロ

雑な思考

考えない方法

物事が小さいうちから対処すべきというのは、理にかなっている。この世は大半が起こった後に処理をするのだが、本当に大きなことは抑止力に任せる方がいいとしている。それは自然の摂理でもあるのかもしれない。

考えないというのは、絶対に分からないこと。すなわち無駄なことだ。相手の顔色だけで気持ちを決めつけたりする癖がある。考えたくないのだが、嫌われてはないだろうかと、めんどくさいことを思ってしまうのだ。俺もそうは思いたくない。だから考えない方法を考えていた。

座禅してる時は、座禅をしてる自分を思い浮かべるというのは、ベーシックな思考なのかなと思う。それか、真っ白を思い浮かべて…素数を数えて…と次々に採用案が出てくるのだが、いざ実践すると、大きな壁となってしまう。究極のシンプルでないと、実践では使えない。実践では他のことを考えているからだ。

そしてその究極のシンプルが思いつかない。システマに鼻から吸って口から吐くというだけの方法があるのだが、それはもう考えない方法では無いのだ。ただ落ち着くだけなら良い。冷静な判断が出来るのもいい。言葉にするのが難しい。なんかフワフワしてきた。

まぁ根本な思考を変えていきたい。俺は働きたいし働きたくないし、みんなと笑いたいけど笑いたくない。マジでどっちも思ってる。どうしたらいいのか分からん。音楽が売れりゃ全て解決して寝て過ごしたい。あ、寝て過ごしたい方が働きたいよりデカイかもしれん。あ、でも実家から出て行く方がデカイかもしれん。

 

…分からんな。