ムーブシロ

雑な思考

供給不足

いらない服を売った。中学生の頃から着る服が変わっていない俺としては、チャームポイントの一種だったのだが、それも今日あまりしなくなるということだ。ウケが意外にも良かったのだがな。君はいつまで中学生なの?と。

今、上はプロゴルファーみたいな格好をしている。下はジャージだ。そして下のジャージは中学生の頃に買ったものだ。

俺はファッションに全く興味は無い。同級が大人びたブランド品を着ていて、女がキャーという光景は飲み会で良く見てきたが、同等ぐらいに中学生ファッションはウケる。まぁ相手にされないような所に行ってないだけだが。

自分の思うファッションは何着てても別に何も変わらないので、自分が嫌じゃなければいい。そんなもんでいいのです。

でも、ファッションを趣味にしてる人を下に見てるわけではない。ミーハーはアホだと思うけど、自分の着たい服を追求する様子は、芸術的で大変良い。前衛でも王道でも、デザインや生地の話をするファッショニスタは、聞いてて気持ちがいいね。そういう男性的なうんちくを聞くのが好きなのだ。好きなことの話をする人は熱を感じて敏感だ。

 

追記

なんで服を売ったかと言うと、筋肉発達により10kg以上ウエイトが上がり、着られない服が多発したため。